5月22日(月)放送『ドデスカ!』女子ハピより

★手作り甘酒

画像1: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

【材料】
残りごはん…160g
お水…180ml
お水…500ml(400ml~600ml)
米麹…160g~200g
【作り方】
・作る前に保温ポットに熱湯をいっぱいに入れておく。
(1) 残りごはんと水を鍋に入れて、おかゆを作る。
(2) 米麹をほぐしておく。
(3) (1)に水を入れ、そこにほぐした米麹を入れて、60℃くらいの温度にする。
(4) あらかじめ入れておいた保温ポットのお湯を捨てて(3)を入れ、温度を測る。(こちらも60℃を目安に)
(5) 3時間くらいして一度,温度を測り、50℃より下がっていたら、一度鍋に移して、60℃まで温め直す。
(6) 8時間くらい経って、甘くなっていたら完成。
甘みが足りない時は、温度をみて50℃より下がっていたら、60℃まで温め、ポットに戻す。(ポットに一度お湯をたして、中の温度を上げてみる)

★甘酒ラッシー

画像2: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

【材料】
甘酒…60ml 
グレープフルーツ…100g
ヨーグルト…60ml
【作り方】
(1) グレープフルーツを袋から出して、果肉だけにする。
(2) ジッパー付きの袋に入れ、甘酒を入れて空気を抜いて1日、冷蔵庫で漬けておく。
(3) 1日たった(2)とヨーグルトを入れミキサーにかけて完成。
※ 甘酒、ヨーグルト、フルーツはお好みのものでOK

★塩麹きのこ

画像3: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

【材料】
きのこ類(しめじ、エリンギ、まいたけ、しいたけなど)…500g  
酒…大さじ1
塩麹…250g
【作り方】
(1) きのこは石づきを取ってほぐす。エリンギは食べやすい大きさに切っておく。
(2) フライパンに(1)を入れ、火をつける。音がしてきたら、酒を入れて、全体に馴染ませ、蓋をして蒸しながら中火で、きのこに火を通す。
(3) しんなりしてきたら火を止めて、パットなどに入れてきのこの粗熱を取る。
(4) 最後に塩麹を入れて全体をよく混ぜて完成。
※ タッパーに入れ冷蔵庫で1週間保存可能

アレンジ ★納豆と大根おろしの塩麹きのこ和え

画像4: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

アレンジ ★塩麹きのこの冷ややっこ

画像5: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

アレンジ ★塩麹きのこのスープ

画像6: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

★鶏むね肉で揚げないユーリンチ(油淋鶏)

画像7: 知らなきゃ損! “菌活”の新常識レシピ

【材料】
鶏むね肉…1枚
ひしお 
小麦粉
レタス 
トマト 
【たれ用材料(A)】
しょう油…大さじ2
みりん…大さじ1.5 
米酢…大さじ3
ごま油…少々 
しょうが…1かけ(擦り下ろす)
【作り方】
(1) 鶏むね肉は塩を振りしばらく置いておく。
(2) キッチンぺーパーで水分をふき取る。
(3) 厚みが同じになるように、切り開き、ジッパー付き袋に入れ、ひしおを両面に半量ずつ入れ、全体にひしおが馴染むように揉みこみ1日置く。
(4) ボールにAをいれ、かき混ぜて馴染ませる。
(5) (3)の鶏肉を常温に取り出し、食べやすい大きさに切り、小麦粉を薄くまぶす。
(6) フライパンにサラダ油を入れ、(5)を並べて、中火で皮目から焼き色が付くまで、2/3位色が変わってきたら、ひっくり返し火を通す。
(7) お皿にレタスやトマトを切って盛り付け、その上に(6)をのせ、上から(4)のたれをたっぷりかければ完成。

アレンジレシピは『ドデスカ!』ホームページで!

This article is a sponsored article by
''.