2017年4月7日(金)放送『スポケン』より
画像1: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

去年チームトップの73打点、得点圏打率.353と
抜群の勝負強さを発揮したドラゴンズ・平田良介

「日本球界のトップに立てる選手になりたい」

画像2: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

さらなる高みを目指し、今年掲げたテーマ、それは・・・
「進化の一つとして飛距離を伸ばしたい」

いかにしたらボールを遠くに飛ばすことができるのか?
悩める平田が2月の沖縄キャンプ中に指導を仰いだのが
土井打撃コーチだった

現役時代
通算465本のホームランを放ち
球界を代表するスラッガーとして
名をはせた土井正博

引退後は、主に西武の打撃コーチを務め
中島宏之や6度のホームラン王・中村剛也など
数々の名バッターを育てあげた

そんな名伯楽が平田に伝授したのが
ボールにより力を伝えるための「腕の使い方」

平田の腹にこぶしを当て
最も腕に力が入るポイントはどこなのか?
自ら実践して説明していく

去年と今年のフォームで異なるのが、
打ちにいくまでの手の入り方と
ボールをとらえるポイントの位置

画像3: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

去年のフォームではバットの軌道が上からでていて
ミートポイントが前になっている

画像4: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

今年の場合は、はやく右腕を落とし
バットを横から出す事で
去年よりも自分に近い位置でボールをとらえている

画像5: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」


ボールを引き付けることで、より力が伝わり
飛距離アップへとつながるという

さらに平田が成績を伸ばしたいと思っているのが
ライト方向へのホームランだ。

画像6: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

逆方向へホームランを打つ場合に必要とされるのが
ボールを押し込む技術
今年、取り組んでいるフォームでも
インパクトする瞬間まで右肘が曲がっているので
よりボールを押し込むことができるようになった

画像7: 超一流への道のり 進化した打撃の極意~「伊集院光×平田良介」

去年、14本中3本だった逆方向への
ホームランの数が増えさえすれば
目標に掲げている年間30本へ大きく近づくのだ

「あれをものにすれば
僕も超一流選手になれると思います」

日本を代表するバッターたちに
少しでも追いつくため、いま超一流を目指す平田
最後にこんな質問を投げかけてみた

一流に超がつく、つかない差はいったい何?

「1軍でプレーしている選手は一流だと思っている
その中で群を抜く活躍をする選手が超一流です」

今シーズン目指すは30本塁打100打点
この目標を達成したとき
平田良介は、超一流へとまた一歩近づく

This article is a sponsored article by
''.