5月5日(金)放送『スポケン』ヒカルのタマゴより

大同特殊鋼ハンドボール部フェニックス
東江雄斗選手23歳。

画像1: ヒカルのタマゴ ハンドボール東江雄斗選手

社会人1年目の昨シーズン
そのたぐいまれな得点能力でゴールを量産
チームのレギュラーシーズン1位に貢献し
得点王と最優秀選手賞を獲得しました

将来の日本代表のエースとして
期待されるヒカルのタマゴです

東江選手の凄さの秘密はジャンプ力
実際にシュートを披露してもらうと
タマゴハンター田中アナの顔の位置まで
飛んじゃっています!
この日本人離れしたジャンプのバネが
大きな武器。

画像2: ヒカルのタマゴ ハンドボール東江雄斗選手
画像3: ヒカルのタマゴ ハンドボール東江雄斗選手
画像4: ヒカルのタマゴ ハンドボール東江雄斗選手

さらに得意としているのが、相手との駆け引き
大同特殊鋼フェニックスのキーパー久保選手に話を聞くと

「キーパーを最後まで見る力というのは
他の選手よりも優れている。
シュートバリエーションがすごく多いので的が絞れない」

相手を最後まで見て、
裏をかく上手さがもうひとつの魅力です。

沖縄県・浦添市出身の東江選手
実は、ハンドボール一家の元に
生まれたサラブレッドです!

お父さんは、大崎電気の元・選手
お母さんは、日本体育大学出身のハンドボーラー
お兄ちゃんは現在、湧永製薬に所属する現役選手と
まさにハンドボールの申し子

小学1年生から本格的にハンドボールを始めた東江選手は
めきめきと力をつけ、全国屈指の強豪・興南高校へ
1年生からレギュラーとして活躍し、インターハイ・国体で優勝!
当時から、ハンドボール界の逸材として期待を集めていました!

画像5: ヒカルのタマゴ ハンドボール東江雄斗選手


2020年の東京五輪でも
日本代表のエースとして期待される東江選手

「東京五輪では出場するだけではなく
 活躍するのが目標。ハンドボールを盛り上げたい」

ハンドボール界・期待の星
東江雄斗選手の今後の活躍にぜひ注目してください。

This article is a sponsored article by
''.