6月8日(木)堂野浩久アナのブログより

この1ヶ月は、普通の人には真似できない特別な能力を目の当たりにする機会が多くありました!

画像: 山田修作予報士と四葉探し対決をしましたが・・・そりゃ~惨敗。

山田修作予報士と四葉探し対決をしましたが・・・そりゃ~惨敗。

まずは「ドデスカ!」毎週水曜日「全力リサーチ!」のコーナーでご一緒した生澤愛子さん!
彼女がもつ特別な能力は“幸せの象徴”四葉のクローバー探し!
そのスピードは想像を遥かに超えたもので、1時間で300本以上の四葉のクローバーを見つけたこともあるとのこと!
「四葉のクローバーとは目が合うというか、そこだけ光って見えるんです・・・」
そう話す生澤さんは、四葉を使った商品の販売を進め“幸せのおすそ分け”として自らの能力をいかしていきたいと明るい笑顔で語ってくれました。

画像: 通算100号を放った試合後のインタビュー

通算100号を放った試合後のインタビュー

続いては高校野球。
先日、愛知県での招待試合で高校通算100号ホームランを放った早稲田実業・清宮幸太郎選手。
刈谷球場と小牧球場、2日間で描いたアーチは計4本。
大きな歓声とどよめきの中でゆっくりとグラウンドを一周する姿を見ながら、
これまでのプロ野球取材で「ボールを遠くに飛ばす能力・感覚はなかなか教えられるものではない」という言葉を思い出し、まさに天性の能力を目の当たりにした2日間でした。

画像: 左から、金丸選手・バッツ選手・堂野・比江島選手

左から、金丸選手・バッツ選手・堂野・比江島選手

最後は、バスケットボール・Bリーグで戦うシーホース三河の選手の皆さん!
「Spoken!」のロケでプロバスケットマンのスゴ技を体感させてもらいましたが、ドライブのスピード・3ポイントのテクニック・ゴール下のパワー、どれをとっても目の前で感じる迫力はケタ違い!

そして何より、私は身長182cmあり一般的には「背が高い」と言われてきましたが、そのサイズの差は画像を見れば一目瞭然!
私も学生時代バレーボールに打ち込んでいる時期は「身長が一番の才能、特殊能力だ」という言葉を聞いてきましたが、
身長208cmのアイザック・バッツ選手から人生初の一言。

「Too Small・・・」

その能力、別次元です!

This article is a sponsored article by
''.