2017年4月8日(土)放送『ウドちゃんの旅してゴメン』より

画像1: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅
画像2: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅
画像3: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅
画像4: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅
画像5: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅

「愛知・田原市」を旅してゴメン!とても気持ちのいい天気に恵まれたウドちゃん。
今回の旅は豊鉄バス「渥美ショップ前」からスタート。バス停でさっそく見つけたのは≪つるし雛≫!手作りの可愛い雛人形に混じって、大あさりや菜の花をあしらった飾りもあり、春の気配に心踊ります。歩道橋にも菜の花が描かれているのを見つけて、実際に花を見たくなったウドちゃん!偶然通りかかったご近所の方に、菜の花が咲いているという堤防の場所をお伺いすることができました。来た道を引き返し、到着したのは免々田川。堤防には、まぶしい程の菜の花が一面に広がっていました。菜の花の香りで、子どもの頃が懐かしくなったウドちゃん。菜の花と並んで元気に咲いている河津桜と、青空の中を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼりに癒されながら、春を満喫します♪散策途中で通りがかったお宅では、地元で獲れたばかりの小魚のてんぷらをご馳走になり大満足!穏やかな春の日差しの中、堤防をさらに進んでいくと、海にたどり着きました。海岸へ降りて、まだ冷たい海水に触れているうちに、大あさりが食べたくなったウドちゃん、視聴者情報を元に「さくや」へ向かいます。ランチタイムぎりぎりにお店に滑り込み、さっそく名物の“大あさり味噌かつ丼”を!ボリューム満点な丼には、大あさりはもちろん、地元産のキャベツや海苔がたっぷり!味噌との相性も抜群でウドちゃんも大満足でした♪田原の人しか知らないというナゾのおやつがあると知り、喫茶店「エール」を目指します。その正体は“じょじょ切り”。見た目はおしるこのよう。地元でもほとんど食べられなくなったそうですが、3年前にお店で復活させたそうです。独特のやさしい甘みにホッと癒されたウドちゃんでした。

画像6: ウドちゃん、春色に染まる渥美半島の旅

This article is a sponsored article by
''.